困ったとーさん

近づいた。
d0175035_21131774.jpg

イタリアへ帰って来て、2週間。

ヴァネ子さんにとって知らないおっさんとなってしまった巨人氏でしたが、

徐々にその距離も縮まっております。

以前は、とーさんプレゼンツのマット部屋で三人で遊んでいても、

私がちょっと部屋を出ると、号泣で追いかけて来ていたんですよね。

困ったもんだと思いながらも、かーさん密かに嬉しかったりもして。

それが今日は初めてとーさんのところまでハイハイしていき、足にガシっとしがみついたりしてね。

そりゃもう大感激しておりましたよ。

仕事に行かなきゃならない時だったので、残念極まりないといった様子でしたけど。


そんな巨人とーさんですが、とーさんレベルが著しく低下しております。

あの子のお世話、なーーんも出来なくなっちゃいました。

例えばお風呂。

私がヴァネ子さんと一緒に入り、ヴァネ子さんを洗い終わって受け取ってもらうんですが。



ホントに受け取るだけ。



ヴァネ子さんをタオルにくるんで抱っこして、二人して私を見つめています。

「体拭いてオムツして、パジャマ着させてよ」 と言っても、

「だって泣くからー」と。


もちろん、巨人氏が仕事の時は私一人でやるわけで。

一人でやったっていいんだけど、そうするとホントに何も出来ないとーさんになっちゃうし。


結局ね、泣かれるのが嫌なようです。

赤ちゃんなんて泣くの当たり前だし、泣き止むの待ってたら何もできないし。

機嫌のいい時だけ一緒にいたいってんじゃ、困るんですよ。

このままじゃ、


親戚の叔父さんって呼ぶわよ。

Commented by せいちゃん at 2014-10-11 11:26 x
お怒りですな(笑)
そんなに泣かれるのイヤかね。
じゃ、ママが出てからヴァネちんのお着替えさせるの?いる意味ねー( ̄ε ̄#)
叔父さん降格が目に見える(*'艸3`):;*。 プッ
Commented by ito-cin at 2014-10-11 15:51
*せいちゃん*
お怒りだよー(笑) ホントに何もしないのに、口だけは超出してくるからね。(笑)
ぐずると、「ママがいいのか~」って抱っこやめて放置して、料理してる私の足にしがみついて来る。何も出来ないよ。

そうだよ、お風呂の後は私がパンツ一枚で頭にタオル巻いて、大暴れのヴァネ子をオムツして着替えさせるの。彼女寝っころがらされるのが嫌みたいで、私がやったところで泣くわけよ。でもそんなの一瞬だからやっちゃえば泣き止むのにさー。
あーあ。お宅の満点パパさんのパパ講座受けさせたいー(笑)
by ito-cin | 2014-10-11 08:58 | 子育て | Comments(2)

北イタリア・Venetoより 


by ito-cin