初めてのアルファベット。

なぜこうなる?

d0175035_22584278.jpg


幼稚園のお友達のSちゃんのお母さんが中学校の先生で。

こないだ一緒に遊んだ時に、まず母音から始めるのよ、って。

このSちゃんは年中さんなんだけど、

もうアルファベットを全て書けるんだそう!すごい!

Sちゃんは南イタリアから引っ越してきて、

前の幼稚園では年少さんからアルファベットの勉強をしていたようで。

それなのに今は色を塗るくらいしかさせてもらえなくて、

物足りないんだって。(笑)

うちのヴァネ氏は何にも書けませんよ。


ってことで、ヴァネ氏初めてのアルファベットに挑戦。

Sちゃんのお母さんに教えてもらった時も、

「E」の横棒がなぜか大量で、

「あーあーあー」ってお母さんと二人大笑いしたんですが。

家に帰ってもう一度やってみても、やっぱり大量。

なんでだろ。


「A」「I」「O」は上手に書ける。

「U」はさかさまになるね。


まずは母音からって言われたのに、名前を書かせたくなった私。

「V」はひっくり返り、「S」は鏡文字ってやつで。

その後なぜか「P」と書く。

なんで「P」???


ヴァ 「PちゃんのPー!」と元気よく回答。

ドイツのお友達のことなんですが。

私は一切教えたことがないので、どこかで見たか覚えたか。

ビックリしました。



恐るべし子供の能力。


[PR]
by ito-cin | 2018-05-10 23:58 | 子育て | Comments(0)

北イタリア・Venetoより 


by ito-cin