通常生活スタート。

やっとだ!

d0175035_00194434.jpg

待ってましたの通常生活。

朝もきちんと起きて、幼稚園に行ってもらって。

午前中に掃除が終わるっていいわー。

あとは電力が回復してくれることを祈る・・・。

えぇ、まだ何も出来ないよ・・・。


掃除機が終わるころ、

朝遅く起きてきたとーさんが、カフェ行く?と言うので一緒に。


そこは昔からあるバールで、

とーさんが子供の頃、毎朝ここで朝ごはんを食べて学校に行ってたんだと。

だからお店のおばちゃんも長年のお知り合い。


おばちゃんに「娘さんは幼稚園?」と聞かれ、そうですよ、と言うと。

いいわね、「パパとママに送ってもらって喜んでたでしょ」と。

どうやら幼稚園帰りに二人でカフェしに来たものだと思ったみたい。

仕事が休みで家にいるならパパが幼稚園に連れて行く。

普通はそうなのかもしれないけど、うちは違いますよー。


そしたらね、とーさんが。

「えぇ、まぁ」なんて、

しれーーーっと言ってるからビックリするわ。

あんた寝てたじゃないか。


まぁね。

これもある意味、「通常」だからいいんです。


d0175035_00200196.jpg

遅くなったけど、

新年がスタートした感じ!




Commented by bellazukina at 2019-01-11 18:30
体調が良くなって良かったですね^^♪

↓電気、一回でも支払い漏れがあるとこんな不便なことになるんだ?!しかも前もってお知らせとかないんだ?!と「まぁイタリアだからあり得るわね。」と思っている自分がいました(><)。

↓↓幼稚園の先生が親に(日本人と分かっていて)そんな事言うんですね。在外日本語学校の先生だったら逆の事言われますね~「現地の言葉は現地の学校で学べばいい。お母さんが家で100%日本語で接しないと、日本語が身につかないですよ。」とか。外国で暮らす、日本人の血を引く子供たちの宿命ですよね。むずかし。。。
Commented by ito-cin at 2019-01-12 05:14
*bellazukinaさま*
おかげさまで!誰もうつらずに皆元気!
これが一番ですね~!

電気の件、ひどいですよー!
結局丸3日、電力不足の状態でした。
洗濯もそうだけど、食洗器も使えないし、
ずーーっと何かを洗ってるっていう最終日。手がガサガサになりました。^^;

そうそう、担任の先生にそう言われたんですよねぇ。。
でもね、彼女は日本語ってものがどんなものか分からずに言ってるわけで、たぶん、日本語も英語のようなもの、文章でも単語を置き換えればなんとかなっちゃう感じ、に思ってるのかなー。前に別の人(イタリア人)にも言われたんですよね、日本語の後にイタリア語を話しな!って。
イヤイヤ、それはダメでしょって思ったけど、英語ならありなのかなー、その感覚でアドバイスしてくれたのかなーと思ってみたり。。
私は娘とイタリア語で会話するつもりはないので、先生にもそうですねぇなんて言っときましたけど(笑)
日本文化、日本語ってものから、遠い遠いこの国で色々理解してもらうのは難しいですよね。。
でもよかった!やっぱりイタリア語はここの学校で学べばいいんですね!安心した!
Commented by Nori at 2019-01-13 04:17 x
そういう風におっしゃる先生もいるんだよね、息子の以前のイタリア語の先生がそうだったらしい。息子に向けて言われたことはないらしいけど、移民の子供達にはそう言っていたらしい。家族全員が同一国籍で同一言語を話すのに、家庭言語をイタリア語に持っていけとか…何言ってんの?アホなの?と思った…そんな不自然なことあるかいな、と。きっとみんな無口になるよね。子供達への継承語はどこで身につければいいのよって話です。それとイタリア語の向上は別の次元の話だと思う…
Commented by Nori at 2019-01-13 04:27 x
続きます。
それに反して。娘の小学校入って初めての面談の時に、担任の先生に『日本語の読み書きもできるのよね?』と聞かれ『これから先はわかりませんが、今のところ年相応にできます』と答えたの。そしたら『それは素晴らしい。ここで、日本語っていうまったく異なる言語を勉強して保っていくのは本当に大変なことだと思う。本人の努力もそうだけど、あなたにとっても簡単なことではないでしょう?でも、これはとっても大事なことだから。あの子の将来のために、きちんと日本語を学ぶ機会を与え続けてあげてね』って。こんな風に言ってくれる先生、初めてだったから私うっかり涙出ました。
Commented by ito-cin at 2019-01-14 05:08
*Noriさま*
Gちゃんの先生、そんな風に言ってくれたんだ?!
それは嬉しい!そういう先生もこの国にいるんだ!と感動すら覚えるわ~、私まで泣きたいくらい!
でもさ、確実に少数派だよねそうやって言ってくれる人って。。
その移民の子に家での会話もイタリア語にしなさいって言うのはちょっと意味不明だしそんな強引な人も初めて聞いたけど、(しかも先生でしょ?!)ほとんどの人がママが両方話したほうが良いとか言わない?
ただそれは日本語ってものを知らないからそう言ってるんだよね、きっと。でも知らないなら変なアドバイスはいりませんって思うけど(笑)
この辺には日本語学校がないから、それこそ読み書きも頑張らなきゃいけない、私がイタリア語で話してる場合じゃないわ!って言いたいけどね、これはだれにも分かってもらえないから、ここでは。^^;
でもここでこうやって分かってもらえればいいわぁ~!
by ito-cin | 2019-01-10 18:44 | 日々あれこれ | Comments(5)

北イタリア・Venetoより 


by ito-cin