人気ブログランキング |

<   2014年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

満10ヶ月

知恵がついた?

d0175035_514340.jpg


イタリアに帰ってくる前に巨人氏が、

「家中のコンセントにカバーしたから049.gif」と、ずいぶん得意気に言ってたんですが。

帰ってきたら、家中のコンセントに直貼りガムテープでフタをしてあるだけでした。

もぉ・・・


雑。


使う時は上からザクっと刺せばいいんだよー、と本気で言ってる変な人を無視し、

かーさんはカチっとかぶせるカバーを買いに走りましたよ。


それから約二ヶ月。

満10ヶ月を迎えられたヴァネ子さんは知恵がついてきたようで。

こんなことをするようになっちゃいました。






何度もカチーーっとしっかり差し込んでも、何度も取ってしまいます。

意味ないぃぃ・・・


今ネットで見てみたら、

日本には動物の形をしたカラフルなものや、コンセントそのものを覆い隠してしまうもの、

色々な種類があるようで羨ましい限り。

私の住む街の近所には、この可愛くもなんともない透明カバーの一種類しかありませんでした。

まぁね、所詮カバーなのでなんでもいいのですが。

せめて役に立つ物であってほしい。

日本のを買って送ってもらいたいけど、形が違うから使えないしねぇ。。


ってことはやっぱり・・・



ガムテープか?
by ito-cin | 2014-11-24 05:35 | 動くヴァネちゃん | Comments(2)

思い付きケーキ

コレのおかげで。
d0175035_20171211.jpg


コレが出来た。
d0175035_20164394.jpg


バターケースが欲しくて欲しくて。

イタリアで探してみたんですけど、こういうのしかなくて。

d0175035_21171381.jpg


お皿にバターを置いて、蓋をカポっとかぶせるだけといったタイプ。

バターナイフが入らないってやつなんですよね。

この国ではこうなのかと諦めて、

日本でやっと気に入ったのを見つけて買って帰ってきたんです。



ものすごく重かったけど。




持ち帰りの荷物には23キロっていう重量制限があったんですが、

バターケースごときにかなりの重量を使ってしまったわ、ってかんじ。

それでもこうして朝の食卓に出すと、ちょっと気分が上がります。

d0175035_2016579.jpg


とっても可愛くて気に入ってるんですが、

バターによってはふたが閉まらないって事態が発生。

なので仕方なく、上の部分をナイフで切り取って収納するわけ。


その切り取ったバターがケーキになりました。

何も考えずにスタートし、生地を作りながらなかには何を入れようか・・・

ちょうどあの子の梨を煮ていたんだけど、沢山煮ていたのでこれでいっかーとなりまして。

少しヴァネ子さん用に取り分けて、残りに白ワインを入れてレーズンを入れて。

くつくつ煮たものを投入してみましたよ。


見切り発車でやった割にはとっても美味しく出来まして、ちょっと嬉しい昼下がり。

とーさんに見つかってしまったらペロリといかれてしまいそうなので

これは戸棚に隠しておくことにしました。


ヴァネ子さん、あなたもまだ食べられないの。

d0175035_2205832.jpg


かーさんの独り占めだわね。
by ito-cin | 2014-11-21 02:24 | お菓子づくり | Comments(0)

洋ナシタルトと虫事情

旬もので。
d0175035_8525059.jpg

先週の週末ケーキは、洋ナシのタルト。

洋ナシはイタリアに来て良く食べるようになった果物の一つです。


いくつか種類があるんですが、abate(左) と kaiser(右) というのが旬だそうな。(巨人調べ)


d0175035_233066.jpg 
d0175035_23302542.jpg




というわけで、今回はkaiserを使ってみましたよ。

abate の方がねっとりしてて煮てケーキにするには適していたかなーと思うところ。

でもまぁ美味しく出来ましたー。



ところで話は変わりますが。

コレ、カメムシ。↓

d0175035_7355841.jpg


飼い始じめたんです。

d0175035_7363032.jpg


っていうのはもちろん冗談です。

ちょっと行けば畑が広がる田舎町なもんで、この時期はカメムシ達が暖を求めてやってきます。

「空気がきれいな証拠だよ」と巨人氏はいいますが、それでも虫は苦手です。

d0175035_7375260.jpg


彼らのおかげで一日一回、ひゃーーっと悲鳴をあげている私。

だってね、取り込んだ洗濯物にもれなく一匹は付いてるんですよ。

良く見て、付いてたら振り払って、ってやってもね、絶対1~2匹はどっかに潜んでるの。


というわけで家の中で見つけた時、カポっとプラスチックのコップをかぶせておくわけ。

コレ、巨人氏のお友達のアンジェリカが教えてくれた裏ワザ。

こうすればとりあえずブンブン飛び回る事もどっかに行ってしまうこともない。

とーさんの帰りを待って、外に逃がしてもらってます。

なかなかの名案だわね。



ここには日本のようなゴキブリがいないので救われてますが。

この時期のカメムシもけっこう憂鬱です。

d0175035_738136.jpg


ヴァネちゃん、あなたは怖くない?

by ito-cin | 2014-11-18 16:20 | お菓子づくり | Comments(4)

もうすぐ10ヶ月

立つわよ。
d0175035_22154613.jpg

信じられないことに来週には早くも満10ヶ月を迎えられるヴァネ子さん。

あっという間だなぁ。。

タッチの精度も日々進歩しておりまして。

昨日より今日、今日より明日、といった感じで

どんどん立ってられる時間が長くなり、ふらつくこともなくなってきました。


タッチの他にもちょっとした成長がみられましてですね。

その一つが、マネをするようになったこと。

夕飯の時、巨人氏がルビーにパンのかけらをあげたのですが、

それを見ていたヴァネ子さん、同じように手を伸ばし、下に居るルビーをみつけてパンをあげようとしてました。

すごいね、人のやる事を見てマネするようになったなんてさ。

この子は頭がいい、天才だ、って、そりゃもう大変な騒ぎですよ。

ただね、ヴァネ子さんは手がベッタベタなんでパンがへばりついて落っこちなくて。

ルビーにとってはもどかしかったでしょうよ。

d0175035_22155653.jpg


さてさて昨日、恐怖の小児科検診に行ってきました。

待合室ではキャッキャ笑って遊んで、ご機嫌麗しかったヴァネ子さんですが。

やはり今回も泣いてしまいました。

服を脱がせ、先生がまたかっさらうように体重計に乗せるとスイッチオン。

かーさんの方へ身を乗り出して、助けてーって訴えるように泣かれました。

抱っこすればすぐに泣き止むんですが、毎度ちょっと可哀相になります。

d0175035_2216788.jpg


9ヶ月半の成長。

体重 8.5kg
身長 75cm

これもさ、号泣の大暴れで測っているわけですからねぇ。。

どんだけ正確なんだか・・・ま、でもとりあえず記録のため。


離乳食はどうだとか、ハイハイやタッチはどうだとか、こないだ熱を出したとか。

最近のいろいろを報告していると、

「あ!右目が左より大きいんですけど大丈夫ですか?!」と、とーさんが質問。



やっぱり聞いたよ、この人は。



前にこの話して片方だけ二重瞼の日本人なんて沢山いるし、今後左も変わってくると思うって言ったのに。

どうやら私のいう事じゃ安心できなかったらしい。


もちろん、「大丈夫、特に赤ちゃんには良くあることよ」と言われ、

今度は心から安心されたようです。



小児科の後は母子ともにどっと疲れるのが恒例でして。

夕飯の後、お風呂も入れずバタっと寝てしまったヴァネ子さん。

えぇ、かーさんも疲れたわよ。


だって先生が怖いんだもの。


本気で小児科を変えたいくらいなんですが、近所にはここしかなくてね。。

我慢するしかないようです。

とほほ。
by ito-cin | 2014-11-17 00:05 | 成長記録 | Comments(0)

ヴァネちゃんのパン

いっぱい食べてね。
d0175035_3155051.jpg

パン捏ねマシーーンがやってきてから、かなりの頻度でパンを焼くわたし。

だいぶ使い慣れてきたかなといったところ。

やっぱりラクです。全然違います。

こんなことならもっと早く買えばよかったわ。

特に妊娠中、何をあんなにせっせと手捏ねで頑張っていたのだろうか。



謎。




今日もまたヴァネ子さん用のパンを焼いてみましたよ。

何度かやってみて、この分量で落ち着いたので覚書。

産まれた時に買って、結局ほぼ使わなかった粉ミルクが大量に余っているのでね。

その消費もかねて、ミルクパンです。





昨日、ばーさんがやってきて、「ヴァネッサはゴハンしか食べないの?」と。

パンも食べまっせ、と言うと、

「自分で手に持って食べられる赤ちゃん用のパンが売ってるから買うといいわ」とのこと。

d0175035_3161336.jpg


成形している途中、そう言われたのを思い出して。

色んな形にしちゃったけど、

確かにこうやってスティック状にすると、チューチューしてモグモグしてパクパク食べて。

気が付けば3本ペロリと召し上がったヴァネ子さん。

すごくおとなしいし、ご機嫌で椅子に座っててくれるし、こりゃいいね。


巨人氏が、

「あのばーさんも、たまには役立つこと言うじゃん」って。

d0175035_3162981.jpg


ホントだね。

by ito-cin | 2014-11-14 00:08 | パン | Comments(0)

動くヴァネちゃん3連発

たっちのヴァネちゃん。



ちょっと前の動画なんですけど。

ヴァネ氏の成長が日々猛スピードで、今ではかなりの時間ふらつかずに立てるようになりました。

寝返りが出来そうで出来なかったあの頃が懐かしいな。

よちよち歩きも楽しみだけど、こんなに早く日々上達しちゃうのも、かーさん寂しい。




びっくりヴァネちゃん。



ちょっと大きな音にこんな顔して反応。

ビデオだと音を拾って大きく聞こえますが実際はそうでもないんですよ。

笑って泣いて、って言うのに加えてこんな顔もするようになったのね。

ただただ寝て起きておっぱいっていう、あのころが懐かしいな。




ルビーとヴァネちゃん。




ルビーにも慣れたもんです。

シッポを掴もうとして遊んだり、なでなでしようとしてみたり。

徐々に良い遊び相手になっているようです。

ガラガラすら上手に持てなかったあの頃が懐かしいな。



次回日本に行く頃は、確実に歩いているでしょうし、

まさかの、チャオチャオのジェスチャーが出来るようになってるかもしれません。

ばーさんが必死で教え込んでおりますが、今のところ無反応ですけどね。


あ、次の日本はですね、春先を考えております。

三月から・・・



三ヶ月くらい。(* ̄m ̄)プッ
by ito-cin | 2014-11-13 15:57 | 動くヴァネちゃん | Comments(2)

オムツ替えが憂鬱

こんな時ばかりじゃない。
d0175035_22565465.jpg

最近ヴァネ子さんのオムツ替えに苦戦しております。

多分・・・

イタリアに戻って来てから小児科へ健診に連れて行ったとき、

私も恐れるおっかない先生に羽交い絞めにされて体重測ったりされたのがトラウマなのかな、と。

仰向けにゴロンとさせると0.5秒もせずクルっと起き上がろうとして逃げ出すヴァネ子。

ものすごい勢いで腰をひねり、じっとしてくれません。

仕方なく私が両足でヴァネ子さんの肩を押さえつけて交換するのですが、

その様子ったら、もはや格闘技です。

d0175035_2257731.jpg


こないだは、号泣するヴァネ子さんの肩を両足で抑え、左手で両足首を持ち、

おしり拭きに手を伸ばした瞬間、暴れるヴァネ子の左足が私の手を抜けておしりにタッチ。

えぇ、ウンチまみれのおしりですよ。

ウンチで汚れたバタつく左足が右太ももに触り、それを抑えようとする私の手の甲に付き・・・


大惨事です。



またある日は、一瞬のすきをついて、

ウンチまみれのおしりをフリフリさせながら、布団の上を高速ハイハイで逃走。

思わず、「Noooooo!!!!!」と大声で叫んでしまったかーさんにビックラ仰天して泣くヴァネ子。

そのまま、おしりぺんぺんのお仕置きのスタイルでお尻を拭いて、なんとかオムツを装着。

もちろんその間も絶えず号泣のヴァネ子さん。


オムツを捨てに行き、手を洗いに部屋を出ると、

これまた号泣で追いかけてくるという、これが一連の流れです。。

ウンチは毎日の事ですからねぇ。。

ヴァネ子さんがもよおして、ウーーンときばってらっしゃる姿を見るとブルーになります。

あぁ・・・今日もまた戦いが始まるのか・・・と。


ねぇ、ヴァネちゃん

d0175035_22571796.jpg


ちょっと便秘になってみる?
by ito-cin | 2014-11-09 08:03 | 子育て | Comments(4)

楽するグッズ

これ買った。
d0175035_4463643.jpg

ついに。

ついに。

ついに買いましたよ、パン捏ねマシーーーン!

やっぱりヴァネ子さんのお世話をしながらのパン作りはもう限界です。

手がベッタベタの時に泣くかもしれない、とか考えると、作ること自体が億劫になってましたからね。


コレ、日本ではスタンドミキサーって言うんですね、知らなかったわん。

泡立て、お菓子の生地、ミキサー、ジューサー、お肉のミンチ・・・なんでもできるみたい。

とは言っても、お肉のミンチなんて確実にやらなさそうなんで。

早くもこの器具に関してはかなり邪魔なんですけど、まいっか。

d0175035_4465079.jpg


やっとこさパンを焼くことが出来たので、

やっとこさヴァネ子さんにも食べさせてあげることが出来ました。

初めてのパン粥、ものすごい勢いで食べてらっしゃいました。

パンそのものもお気に召したみたい。

ポイっと渡しておけばパクパク食べて大人しくしてて下さるので、こりゃいいアイテムの登場です。



肝心の使い勝手ですが。

ちょっとまだ使いこなせていない、というのが正直なところでしょうか。

手で捏ねるより時間がかかるんですよね。

それに手捏ねの場合は手で触っているので、状態を見ながら粉を足したり水を足したりがすぐに出来たけど。

機械だといったん止めて、カバーを外して、触ってみて・・・ってのがめんどい。

これも慣れてくれば時間で分かるようになるのかなとも思うので、もっともっと使わねば。


でもってね、マシーーンが捏ね捏ねしてくれてる間、他の事が出来るから楽ちんと思ってたけど。

気になって気になって、じーーっと見てしまい、

結局マシーーンの前にヴァネ子さんと二人でたたずんでるわけですよ。

これも慣れてくれば解決する問題ですが、今のところ捏ねてるのを見るのが楽しいんです。





ちなみに、この商品 amazon で購入したんですけどね。

日にち指定の午前中配達って指定したんです。

そしたらなんと本当に指定した日の午前中に到着たんです。

日本じゃ当たり前だけど、ここはイタリアですよ、もうビックラ仰天しましたよ。

でもね。

うちマンションなんですが、下の入口まで取りに行かなきゃならなくて。。

いつもそうなんだけど、さすがにこれは重いし、病み上がりのヴァネ氏を抱えてたので、

「小さい子がいるのでここまで持って来てくださいな」とインターフォン越しに言ったんですけど、

「ノーノー、無理です。私たちはこれ以上入れませんから」と。


仕方なく、パジャマのヴァネ子さんを抱えて下まで行って受取りのサインをしたんです。

さすがに子供抱えた姿を見たら手伝ってくれるかと思ったら、



ホントに帰って行きやがった。



入口からエレベーターまで既に5段ほどの階段があるのに。

あー、信じられない、この国の人達・・・

どうしたもんか・・・と途方に暮れていたら、ちょうど帰宅されたシニョーラが、

「手伝うわよ!」と言って、一人でこの巨大な箱をエレベーターに乗せてくれたんです。

いやぁホントに助かりました。。


とにもかくにも、これからは気軽にパンが焼けるようになりそうで嬉しいかぎり。

余裕が出来たらスムージーなんかもやっちゃおうかしら。

野菜のみじん切りなんかもやってくれるらしいし、

想像以上に便利だったりして。

あ、でも。



肉のミンチは絶対にやらない。
by ito-cin | 2014-11-08 08:20 | 動くヴァネちゃん | Comments(2)
プレゼント。
d0175035_8115380.jpg

11月3日は、わたくしの誕生日でございました。

ハロウィンのことで頭がいっぱいで、更に曜日感覚もない毎日ですからね。

自分の誕生日なんてすっかり忘れておりました。

そんな中、日本の家族、お友達たちから沢山おめでとうのメールを頂きまして。

異国にいても気にかけてもらえて。。ありがたいなと思ったのです。

一つ歳はとるけれど、みなさまの優しさを感じられる日ですわね。



一方うちの巨人氏は昔からお誕生日をお祝いする習慣がないらしく。

私の誕生日もやっとこさ覚えてくれたってほど。

だからもう、お互いに誕生日に何かするのはやめようってことに決めたんです。

忘れられてイライラするのが嫌なので。


それが今年は覚えていたらしく。

前後に大事な予定が入っていたせいもあり三日がいつかっていうのも分かっていたらしく。

仕事の帰りにプレゼントを買ってきてくれました。

きれいにラッピングされた袋の中身は料理本。

開封後2秒でヴァネ氏の手にかかりこんなことになってしまいましたが。

d0175035_812667.jpg


表紙のこの女性、料理家でもシェフでもないんですけどね。

プロのレシピを彼女がお喋りしながら作ったりする番組がありまして、出産前は良く見てたんです。

特に美味しいレシピがあったとか、やってみたい思うものが良くあるとかじゃないんですけどね。

なんせこの女性、料理番組とは思えない出で立ちでお料理しちゃうわけ。

エプロンなし、10cm以上あろうかと思われるハイヒール、指輪時計は付けたまま。

一度、ジャラジャラのブレスレットがまな板にデローンと乗っかってて、

ひぃぃ・・・と思った私は潔癖症なのでしょうか。


とまぁ、そんな番組が本になった、という料理本。

パスタ、リゾット、スープ、お肉、お魚、ケーキまで。

ドッシリ重いハードカバーの小説かと思うような料理本、ボリューミーです。

ネットでレシピを調べるのも便利だけど、結局それだと自分の見たいものしか見ないんですよね。

本だと知らないもの、新しいものに出会えるのでとっても重宝しそう、良いです。

今週末はこの本から新しいケーキを作ってみようかと思っております。


とーさんよ、なかなかやるじゃないか。

by ito-cin | 2014-11-07 08:25 | プレゼント | Comments(0)

お気に入りと悩み。

ケータイが好き。
d0175035_1064192.jpg

子供って、ケータイが好きと聞いていたけど。

我が家のヴァネ氏ももれなく好きみたい。

d0175035_1071699.jpg


日本で使っていた昔のを渡してみたけど、お好みじゃないようでポイっとされまして。

すぐにまた今のものを手に取ります。

パカっと開く昔懐かしいタイプなんだけど、そんな古いもんじゃいやですか?

d0175035_10725.jpg


↑ 写真手前のケータイがそれ。

こっちがいいんじゃー、とばかりに、舌をペロッとだしてますよ。




ケータイの次に気になるのが、ハロウィングッズの魔女。

怪しく笑う魔女なんです。





手に取りたくて仕方ないようですが、

魔女が持ってる藁で出来たホウキをむしり取ってしまうので。

これはダメなんですよ、ヴァネ子さん。

d0175035_1015431.jpg


そんなヴァネ子さんの悩みがコレ。

d0175035_10593777.jpg


コレ、コレ。

d0175035_1058635.jpg


靴下がイヤミみたいになっちゃうこと。

by ito-cin | 2014-11-03 11:04 | 動くヴァネちゃん | Comments(0)

北イタリア・Venetoより 


by ito-cin