<   2018年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

寒すぎる。

家の前の噴水が。

d0175035_00584408.jpg

凍った。

d0175035_00590688.jpg

そしてこの人は。

歌って。

d0175035_00593763.jpg

走って。

d0175035_01000400.jpg

踊る。

d0175035_01002248.jpg

カフェに行った後、散歩しようかと思ったけど。

寒すぎて無理だ。

家の前の広場で遊び、徒歩3分のスーパーで買い物して終わり。

これじゃ全然運動にならないわー。



ところで。

今期のドラマ、BG。

キムタクのボディガードのドラマですが。

元奥さん役で山口智子が出ていてね。

ロングバケーションから22年ぶりの共演だとか。

そしたらロングバケーションが観たくなって、観はじめて。

すっかりハマってしまったわ。

当時も観たはずなのに結構覚えてなくて。

22年たった今でも楽しめる。

すごいドラマだなぁなんて思ってしまって。


今夜もまた夜更かし。











[PR]
by ito-cin | 2018-02-28 09:01 | お散歩 | Comments(2)

寒さもどる。

失敗のはずが。

d0175035_19261867.jpg

カーニバルケーキの土台にしようかと思ったけど。

いまいち高さが出なかったのでボツになったもの。


d0175035_19265084.jpg

杏ジャムを挟んだ、レイヤーケーキって言うんだとか。

d0175035_19283846.jpg

これは日本のレシピを参考に作ったんだけど。

こっちの方が美味しかったかな。

やっぱりね、粉を入れてからはゴムべらでさっくり混ぜなきゃダメだ。

ハンドミキサーでウィンウィンやっちゃうのとじゃ、フワっと感が違うね。

一つ、勉強になりましたー。



さてさて、北イタリア。

寒さが戻ってきましたよー。

また今日からマイナスの日々。

太陽は出ているものの、風がツンと刺すような冷たさ。

それでもどんより曇空や雨が降るよりは、ずっとマシかな。



さぁそろそろお迎えに行って。

午後は寒いけど、歩いてこようと思いまーす。


今週も頑張ってこー。


[PR]
by ito-cin | 2018-02-26 20:22 | お菓子づくり | Comments(2)

カーニバルケーキ。

今度はこれ。

d0175035_07412809.jpg

カーニバルケーキ。

d0175035_07414469.jpg

ハマりつつある?ケーキデザイン。

今回はとーさんが買ってきてくれた本を参考に、ベースのケーキを作ってみた。

普通のスポンジケーキとは違って、柔らかいけどしっかりしてるって感じ。

d0175035_07423489.jpg

そこに生クリームではなく、ジャムを挟んで。

スポンジ&クリームよりは、かなりしっかりとした土台になった。

なるほど、これはデコレーションしやすい。


ネットを見てみたら、

イタリアのレシピでもバター少なめ、砂糖少なめ、なんてのもあって。

そちらも参考にしつつやってみたら、割と美味しいケーキになったんですよ。

そしてね、作り方もこれまたビックリで。

普通、ケーキと言えば、最初はハンドミキサーで。

粉を入れてからはゴムベラに持ち替えてさっくり、練らないように、だけど。

なんと、最初から最後まで全部ハンドミキサーでウィンウィンやっちゃうの。

すっごい勇気が要ったけど、言われたとおりにやってみたら。

もっちりふかふかのケーキになったよ。

斬新だわ。


カーニバルと言えば、これ。

d0175035_07562645.jpg

仮面、紙吹雪、stelle filanti。

ってことで、こんなケーキにしたんですが。

stelle filanti はこの紙のくるくるしたやつ。

日本語で何て言うんだ?

ふーっと吹くと、クルクルクルーと飛び出して楽しいの。

昔、フランス映画「アメリ」で見て、可愛いなーと思ったものだ。


この時期、町は常に紙吹雪とクルクルが落ちてますよ。

毎日のように清掃車が巡回してますが。

石畳の間に入り込んだ紙吹雪はなかなか取れないね。


うちの地域では毎年三月末がカーニバルのお祭り。

またうちのシンデレラが出陣だ。



[PR]
by ito-cin | 2018-02-24 23:47 | お菓子づくり | Comments(0)

ほんもの。

飾ったよ。

d0175035_22024899.jpg

お嬢の部屋の片隅に、念願のおひなさま。

去年の夏帰国した際に、えっこら手荷物で運んできました。

両親も一緒だったので、ここぞとばかりにあれやこれや持ってきたものの一つなので。

お雛様は最低限でいいよ、と言ってしまったのが後悔。

ぼんぼりとか、お花とか、飾りもいくつか持ってくればよかったー。



ドイツの親友に写真を見せたら、状態がいい!と褒められた二人。

d0175035_22023619.jpg

そうだね、40数年前のものにしてはきれいだ。


私が生まれた時、祖父母が買ってくれたおひなさま。

長い年月を経て、海を渡り、ヴァネ氏へと受け継がれたわ。

7段は無理だけど、それでも嬉しい。



早く飾ろう、飾ろう、と言っていただけあって。

とっても喜んでいる人。

d0175035_21580687.jpg


ヴァ 「なんでおかおが しろいの?」

ヴァ 「なんで、ぼう もってるの?」


質問がやみません。


しまいには、

ヴァ 「ほんものおひめさまは おかおなにいろ?」と。



全て「ほんもの」がいると思っているのでね。

しまじろうは、しまじろうコンサートの着ぐるみが。

シンデレラや白雪姫は、ディズニーランドのお姉さんたちが。

プリキュアは、プリキュアショーの人たちが。

彼女にとっては本物なのですよ。


だってこないだ、

ヴァ 「ほんものプリキュアは おくちがうごかないんだよね」って。

そりゃ動かないでしょ、これだもん。

d0175035_22290836.jpg

要するに。

しまじろうもプリキュアも、中に人が入ってるとは思っていない4歳児。

おひな様にも「ほんもの」がいると思ってるわけです。


いいねぇ、4歳。。


d0175035_21581493.jpg



そのままの君でいて。





[PR]
by ito-cin | 2018-02-23 21:59 | 子育て | Comments(2)

映画のタイトル。

ふわっふわ。

d0175035_19470222.jpg


米粉で紅茶のシフォンケーキを作ってみた。

薄力粉よりふわふわ感がすごい気がする。

間違いなくデコレーションには耐えられないくらいの柔らかさ。


d0175035_19482249.jpg

このままでも美味しいけど。

とろんと軟らかめに泡立てた生クリームを添えたら最高だろうなー。



話変わって、映画。

ちょっと前に「coco」を観たとーさんが。

すごく良かった良かった、メキシコに行こう、とか。

とにかく感動したみたいでね、ヴァネも一緒に観たいから探してくれって。


さすがにまだ全編イタリア語の映画はわからないので、

amazonさんで日本語版を購入してダウンロードしようかなと思ったら。

ない。

それもそのはず。

日本ではこれから公開だったのね。

じゃあ仕方ない。


でもそれにしてもね、

タイトルが全然ちがーーう。

日本語版タイトルは、「リメンバー・ミー」

「りめんばー・みー」・・・?


なんで日本って、こういう全く違うタイトルにしちゃうのかなぁ。

「アナと雪の女王」だって、オリジナルは「FROZEN」だし。

全然違うじゃないか。

そのままでいいのにー、と思った昼下がり。

さぁ、お迎えだ。





[PR]
by ito-cin | 2018-02-22 00:03 | お菓子づくり | Comments(4)

個人面談。

最近の作品。

d0175035_23344787.jpg

上の絵の大きいのが私、向かって左に手をつないでるのがヴァネ。

右にとーさんと、ルビー。

下の絵は。

私とヴァネがプリンを食べているんだそうな。

毎日、幼稚園で描いたものをプレゼントしてくれます。



さてさて、今日は幼稚園で個人面談がありました。

その日の夜から出勤予定だったので、とーさんも一緒に。


まずは、とっても成長しましたよ、と。

だいぶ慣れてきて、朝のルーティーンも覚えて先生のお手伝いをしたり。

最初のころは、今日は何したの?と聞くと、

ヴァ 「マエストラ(先生)のエプロンにつかまってたの」

と言うほど、先生にべったり張り付いていたけれど。

今では他の友達とよく遊ぶようになったそう。

ついでに、「あなた本当によく頑張ったわ」

と私まで褒められてしまいました。

ホントよ、他の先生たちとも言ってるのよ、なんて言われて。

ちょっとうれし泣きしそうになったわ。


そしてもう一つ、先生からの質問で、家での会話はどうしてるの?と。

やっぱりね、先生も、おや?っと思うほど、お嬢のイタリア語レベルは低いんですよ。

実際、ほかにもロシアやスペインのミックスの子がいるようだけど、

その子たちと比べても、話せなさ過ぎるよう。

単語だけで文章になってない、だから遊んでいてもついていけてない、と。


私は勿論分かってたし、とーさんに何度も言って、

タタターで話すのをやめなさい、変な日本語をやめなさい、文章で話しなさい・・・って。

繰り返し言ってきたけど、なかなか変わらず。

「まだ小さいから仕方ないよ」「日本語の後にイタリア語話しなよ」なんて言ってたし。

しまいには、

「大丈夫、ちゃんと幼稚園で教えてもらえるから」って。

丸投げかい。



それが今日やっと、先生に言われて理解してもらえたかな、と思うと嬉しい。

さらに先生も、

ママ=日本語、パパ=イタリア語、このやり方で全然OK。

だからパパがもっと話して教えないとダメ、と言われました。



ほらみたことか、
このやろー。


と、バッサリ斬ってやりたい衝動にかられましたが。

そこはグッとこらえて。

「この子は本当に言葉が上手だから、もっと話せばイタリア語もすぐに覚えるよ」

と言ってやりました。

武士の情けだぜ。

今度こそ改心してほしい。









[PR]
by ito-cin | 2018-02-21 07:33 | 子育て | Comments(0)

雪遊び。

雪山に。

d0175035_00471901.jpg

週末は、車で1時間半ほどの雪山に行っておりました。

スキーリゾート地なんですが。

大きな町でとっても可愛くて、一目惚れしたわ。

d0175035_00494934.jpg


いくつかあるゲレンデの中で、ここは子供向け。

スキーヤーやスノーボーダーはいなくて、そりで遊ぶだけ。
d0175035_00474965.jpg

なのでゴンドラもなく、

このベルトコンベアみたいなのに乗って上まで行くんです。

ソリまたは大きなゴムタイヤみたいなのをレンタルして滑る。

小さな子供連れには安心、安全。


はるか昔、スノーボードをやってましたが。

このソリですら、少し怖かったんですけど、大丈夫か?私。

ものすごい緩やかな斜度のコースを、キャーキャーいいながら滑りました。



そして、この人も。

d0175035_00481697.jpg

ソリ滑りコースの脇で遊ぶ方が楽しいようで。

短距離の緩い坂をすいーっと滑って。

d0175035_00482669.jpg



あとはひたすらゴロゴロ。

d0175035_00483361.jpg


ゴロゴロ、ゴロゴロ。

d0175035_00484030.jpg


パウダースノウが気持ちいいらしい。



翌日も同じゲレンデに行き。

ソリはレンタルはせずに、

持参したソリでスーパー緩やかなところで遊ぶ。

d0175035_00490310.jpg


けっこうスピード出てたけど、一人でも大丈夫。

d0175035_01121458.jpg


楽しい~。

d0175035_00491958.jpg



でもやっぱり、雪遊びの方が楽しいらしい。

d0175035_00493266.jpg



大作を作ったかのようですが。

d0175035_00492624.jpg

他人さまの作品です。



ホテルにはスパもあったりして、とっても楽しくて。

ホテルの夕飯や朝食のとき、

隣のテーブルだった家族のおにいちゃんと仲良くなったり。

パラダイスな二日間を過ごし、帰る日の朝は号泣したお嬢。

ドイツの帰りもそうだったけど、これだからイヤなのよねぇ。。


あともう一度、行けるかな…?



私も行きたいわ❤










[PR]
by ito-cin | 2018-02-20 23:41 | 旅行 | Comments(0)

三人での会話。

いい景色。


d0175035_06523187.jpg

ここ最近、晴天続きで。

午後は有給中のとーさんと三人でカフェをして散歩、という毎日。


そこである日の散歩中、少しだけ私もイタリア語で話してみた。

散歩遊び中の簡単なことだけね。

すると。

私がイタリア語で言ったことには日本語で答えて、

パパにはいつもの通りイタリア語で話していた。

そして。

とーさんも、ヴァネが私に答えたこと以外、会話のほとんどが理解できる、

という状況に。

これはラクだ。



お嬢の日本語はもう完璧で、「パパにはイタリア語」も完全に把握しているので。

もう混乱することはないかな、と。

それに、思っていたより幼稚園でのイタリア語に苦戦しているのでね。

もっと小さい頃からたくさんイタリア語に触れていれば良かったけど。

もうそれを言っては始まらないので。

かなり遅れを取っているあの子には私も少しずつ話さないといけないのかな。


それと。

お嬢が普通に、私とはほぼ友達のように話ができるレベルにある今。

あんまり日本語でばかり話していては、

一人で分からないでいる、とーさんが可哀そうかなとも思い。

私がイタリア語だけで話したこの日は楽しそうだった。


こうすることで、あの子の言葉の上達に少しでも役立ち、

とーさんも楽しく一緒に遊べるなら。

こういう時間をちょっとでも増やしていこうかな、と思ったりした。


d0175035_06531991.jpg

頑張ってこー!




[PR]
by ito-cin | 2018-02-19 23:52 | お散歩 | Comments(2)

アンラッキー。

紅茶シリーズ。

d0175035_04170945.jpg

スコーンは簡単ですぐにできるので良い。

はちみつと一緒に。

d0175035_04180811.jpg

話変わって、金曜日。

午後からちょっとお買い物に、家から1時間ほどの所へ出かけまして。

夕方17時半過ぎくらいに車で戻っている途中、渋滞に。

このくらいの時間は帰宅ラッシュもあるので仕方ないかなってところ。

ラッシュったって、本当に大したことないの。

数分後には流れ出すし、日本人にしたらどってことない渋滞。


ただこの日はちょっと様子が違って、事故渋滞。

早く帰りたいトラック運ちゃんが無茶をして事故ったらしく、

ピターーーーーっと停まってしまった。


そして、車の外に出るイタリアン達。

あーでもないこーでもない、ギャーギャー大騒ぎしたり。

渋滞の列をバックに記念撮影したり。

もれなくうちのとーさんも、出たり入ったり出たり入ったり。

人もワイワイだし、

二車線のところ、ぐちゃぐちゃに停車してるから、

真ん中を通ってくる救急車・パトカーが全然たどり着けない。

「あり得ない、こんな事になっちゃうの、イタリアだけだよ」

とボソッと言った、うちのイタリア人に笑ってしまった。


結局、2時間ほど待たされて。

お腹は空くし、疲れるし。

車で寝ちゃったお嬢は、夜遅くまで寝ないし。

ぐったりな1日なのでした。


ツイてない時もあれば、ツイてる時もある。



次は何か
いいことがある!




紅茶スコーン
[PR]
by ito-cin | 2018-02-18 05:04 | お菓子づくり | Comments(0)
定番入り。

d0175035_19020446.jpg

こないだ作ったバナナケーキ。

とっても好みのものに仕上がったのでもう一度やろうと思ったものの。

どんなレシピだったか思い出せず・・・。

ちゃんとメモしなきゃだめだなー。


d0175035_19021685.jpg


きっとこんな感じであろう、たぶん・・・。

って思いながら作ったら、前よりいい感じになったかも?

今度はちゃんとレシピをメモメモ。



ところで今日、

いつものように寝る前の絵本タイムで、ももたろうを読んでいた時のこと。

私の方が眠くて眠くて、自分でも何を読んでるんだか分からなくて。

止まってしまったり、違うこと言ったりしてたんでしょう。

見かねたお嬢が、


ヴァ 「『いわだらけの おにがしまが みえてきました』だよ。」と。


彼女、すっかり暗記しているのでね、訂正されました。


そして。


ヴァ 「ママー、ねむいなら ヴァネッサがよもうか?」


ですってよ。

随分とすごいこと言うようになったもんだ。


とにかく、かーさんは眠いので。



早く寝てください。





全粒粉のバナナケーキ
[PR]
by ito-cin | 2018-02-17 00:01 | お菓子づくり | Comments(0)

北イタリア・Venetoより 


by ito-cin