<   2018年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

例えばの話。

卵白だけで。

d0175035_19392404.jpg

紅茶のシフォンケーキ。

卵白が大量に余っていたので、卵白消費に。

たまごはコレステロールが高いけど、高いのは卵黄なんだと。

卵白には良質なたんぱく質、ビタミンBが豊富。

たまにはこういうおやつも良いね。



ところで先日。

幼稚園に持って行ったアウレットがなくなってしまいまして。

アウレットとは、これ。

d0175035_20492333.jpg

自分のロッカーに入れて、ちゃんとドアも閉めておいたみたいなんだけどね。

先生に言って一緒に探してもらったら。

他のクラスの男の子が持っていたみたいでした。

ま、子供なんでそんなことは多々あるのでしょうけど。

とりあえず。

「他の子のロッカー開けて、勝手にとっちゃダメだよ」

と家に帰ってから言ってみたんですが。

ヴァ 「ヴァネッサそんなことしないよ」と。

ならいい。

すると。

ヴァ 「なんであの子、アウレットとってちゃったんだ?」

と聞くので。

「アウレットが好きなんじゃない?どうしても遊びたかったんだよ。
 ヴァネッサもすごく好きなもので持ってないものあるでしょ?
 例えば、ベッラ(美女と野獣のお姫様)とかさ」

と言うと。

ヴァ 「ベッラはいらないよ、じーじがDVDくれたしー」と。

うーん、じゃあキュアパクトとかさ、と、

プリキュアグッズでサンタにお願いしているもので攻めてみる。

すると。

ヴァ 「プリキュアはにほんだよ、ここにはないよー」だって。


例え話が通じない。
ま、人のもの取らないってことなので、

もういいね、この話。


[PR]
by ito-cin | 2018-10-16 20:51 | お菓子づくり | Comments(0)

忙しい。

好評につき。

d0175035_15392410.jpg

こないだやった洋ナシとフラン生地のタルト。

とっても好評だったけど、

「洋ナシがあんまり主張してこない」とか言った人がいたもんで。

もっと味の強い物ってことで桃の缶詰でやってみた。

d0175035_15390924.jpg

これはこれでアリかな。

ただ、横着しないで桃を切ればよかった。



なんだか毎日がバタバタと慌ただしく過ぎて行って。

気が付けばもう金曜日。

ひゃーーーーーーーーーーーーーー、早い!

このケーキを作ったのは先週末で。

もう明日のケーキを仕込み中なんて。

月曜から金曜にワープしたみたいだわ。


ワープに感じるのは忙しいからであって。

忙しい=トラブル過多。

そんな大忙しの中、

ある朝、ルビーが友達ワンコと一緒に忽然といなくなってしまって。

その一緒に遊んでいたワンコの飼い主さんと半泣きで探すっていう…。

30分くらいして、仲良く遠くの方から走ってきたけどさ。

やれやれ・・・。

今じゃ毎朝、

「ルビー!やってくれたんだって?!」

と、会う人会う人に言われるほどに。


そして今朝は。

靴下を履こうと足を入れたら。


中にカメムシがいた。
ぎゃ~~~~~~!

と言ったけど。

そんなにビビってるほどの時間はない。

虫にも強くなるほどの忙しさ。






[PR]
by ito-cin | 2018-10-12 20:47 | お菓子づくり | Comments(0)

こびとが好き。

大喜び。
d0175035_00054581.jpg

こびとの存在をガッツリ信じている人にサプライズ。

こびとが住んでることになってる、この木。

d0175035_00060690.jpg

この家の玄関に、庭仕事の道具を仕込んでおいた。

d0175035_00053542.jpg


見つけた時の歓喜たるや。

動画にしておけばよかったと後悔したわ。


ヴァ 「ヴァネッサとりたーい」

d0175035_00055580.jpg

他人のもので存分に遊ぶ人。

d0175035_04025371.jpg


リンゴを収穫して。

d0175035_00061338.jpg


バケツに入れてあげたらどぉ?と提案してみた。

d0175035_00062598.jpg

クリスマスに使う小道具なんで、持って帰らなきゃなんないので。

リンゴを入れてお部屋に置いておけば、また取りに来るんじゃない?と。

大喜びでリンゴを採り、家に持ち帰りました。


そしてその後も、このフォークみたいなので遊び続けていて。

そのうち壊しちゃうからもうやめておきな、と言ったのですが聞かず。

とーさんにも同じことを言われていたのですが、やめず。

予想通りポキっと折ってしまって、泣きながら報告に来ましたよ。


アロンアルフアで、なんとかくっつけて。

お手紙とりんごと一緒に窓際に置いてました。

そして翌朝、お嬢が起きる前に片付けておくと。

ヴァ 「ママー!なくなってるー!!」

だって。

あとは手紙をおいておかなくては。

あ、これは、とーさんの仕事です。


かわいいねぇ。

いつまで信じているのかなー。





[PR]
by ito-cin | 2018-10-10 04:21 | お散歩 | Comments(0)

トラブルが続く。

かたつむりで。

d0175035_15385561.jpg

こないだやって大好評だったアンティパストを、

今度はカタツムリの形でやってみた。


先端を少し残してほうれん草を乗せて。

クルクルっと巻いてカット。

焼きあがったら竹串とグリンピースで目を作る。


可愛いし美味しいし。

ヴァネ氏は、こないだよりもたくさん食べましたよ。


旋回の太陽より材料は少なくて済むし、何より更に簡単。

3人家族の我が家にはちょうどいい分量。

これからはカタツムリかな。



ところで。

ツイてないときは、とことんツイてないって言うけれど。

スマホが壊れた他に、給湯器が故障して、車のバッテリーも壊れました…。

ルビーには無駄に50ユーロもの医療費もかかったし。

そんな時、キッチンの流しが詰まってしまった。

全然流れないの。

市販の薬品を投入して5分待ってお湯で流すってやつを3回やってもダメ。

こりゃ水道屋さん呼ばなきゃダメか…またお金がかかる…。


と、そんな時にとーさんがやってきて。

「どお?」と。

全然ダメだね、と言うと、

「バケツ持ってきてくれる?」と言って、戦闘開始。


なんせガサツな性格なもんで、

バケツがあるのにちゃんとセッティングしないで、どんどん管をオープン。

ジャバジャバ流れ出す詰まった汚い水。

床は勿論、とーさんもずぶぬれ。

ひぃ~~~~~~~…


途中また詰まりを溶かして流す例の薬品を買いに走り。

とーさんは手や牛乳の空きボトルで圧力をかけたり。

出来る限りやってみたら、なんと、なおっちゃいました。

その後の大掃除が大変だったけど、

業者が土足で入られるよりずっとマシ。


やれやれ。

なんとか一つは解決したわ!



[PR]
by ito-cin | 2018-10-07 16:14 | 日々あれこれ | Comments(2)

カメムシが多すぎる。

多すぎるでしょ。

d0175035_19403404.jpg


多すぎるでしょ!

d0175035_19410838.jpg


多すぎるでしょ!!!

d0175035_19415585.jpg


あ、これ洗濯物干しです。

あまりにすごい数だったので、見せたくなりました。

可能な限り数えてみたら、37匹。

えぇ、37匹いましたよ。


もう、毎日毎日、カメムシと戦う日々。

朝の干すときはまだいいんだけど、洗濯物を入れるのが憂鬱。

ここにこんなにいるってことはですよ、

当然、洗濯ものにもたくさんついてるわけで。

ブンブン振り払うとポロポロ落ちたり、飛び去って行ったり。

それでも全部は払いきれずに家に入ったり、ヴァネのお洋服についていたり…。


今朝もおじちゃんが張り切って土手の草狩りをブイーンブインやっていたので。

こういう日は大量に飛んでくるんです。

あー、やだやだ。




[PR]
by ito-cin | 2018-10-06 00:40 | 日々あれこれ | Comments(4)

スマホ、破壊。

 がびーん。

d0175035_14090456.jpg
数日前、スマホがこんなことになってしまいました。


ルビーの散歩に出てたとき、

ニットコートのポケットに入れたスマホがするりと落ちたようで。

ショック。


ニットなのでスマホは確かに滑りやすい。

でも斜めのポケットじゃなくて垂直なので落ちるなんて思わなかったし。

仮に落ちても重みがあるものだからすぐに気が付くだろうって思っていたのに。


ちょっとLINEなんかを見て、しまって、そこからない!と気が付くまで、

すぐだったんですよ。

まだルビーの散歩の土手に付く前だったので、

そこまでの道をすぐに引き返したんだけど見つからず。

誰かが持って行っちゃったのか…なんて思いながら、とりあえず散歩させ。

また帰り道、よーーく探してみたら。

ない!って気が付いた場所のすぐ後ろに3メートルくらいの砲弾歩道があるんですが、

そこに落ちていた。

あー、ここ走ったからだー!


もちろん何度も車にひかれてるわけで、こんな状態。

SIMカードは取り出せたけど、本体はもう駄目でしょう。


保険!そうそう保険があるじゃないか!

早速確認すると、1か月ほど前に期限が切れていた。

あとひと月早かったら、新品が届いたのに。


とにかくさ。

たった1年でこんなことになっちゃうなんて…

もうショックでショックで…。

がっかりしていたら、あの子が元気づけてくれた。

d0175035_14091500.jpg

スマホのプレゼントだって。

これが使えるといいんだけどねー。



[PR]
by ito-cin | 2018-10-05 15:19 | ひとりごと | Comments(2)
久しぶりの外。

d0175035_21162812.jpg

ゲホゲホしているものの、すっかり元気になり。

ルビーの散歩へ。


川岸へ降りて行って。
d0175035_21141314.jpg


石を投げる。

d0175035_21134351.jpg

いつもの遊びをしていたら、

カヌーをかついだ60代くらいの男性が颯爽とやって来た。

顔をみればもうおじいさんだけど、

体はとても鍛えられていて、若々しい。

素敵な年の重ね方だわ。

なーんて思ってた私と、お船に興味津々のお嬢。

こんな私たちを見て、写真でも撮りなよ!と。

d0175035_21145988.jpg

ひょいっとヴァネ子を抱っこして乗せてくれました。

もちろん、大喜び。


そしておじちゃん、

「チャーオー!」と、出発。

d0175035_21152909.jpg

すごいなぁ。

年金生活に入り、こんな毎日を過ごしているのか。

じゃなきゃあんなに鍛えられた体じゃないな(ってそこ?笑)


というわけで。

ヴァネ氏、今日から幼稚園復活です。

朝はもうライトダウンを着るほど寒ーい。

もうすっかり秋ですよー。




[PR]
by ito-cin | 2018-10-04 01:36 | お散歩 | Comments(0)

新しい一品。

餃子ではない。

d0175035_01025091.jpg

「ほうれん草の太陽」

パイ生地と、ほうれん草、リコッタチーズ、たまご、パルミジャーノ。

味は想像つくと思いますが、

これ、美味しい!


丸いパイ生地に、

お茶碗に詰めたほうれん草をカパっと中央にひっくり返して。

それを囲むように残りのほうれん草で土手を作る。

上からまたパイ生地をかぶせて、

ギュギュっと丸と土手の形を残ししっかり押さえ、

丸をかこった土手の部分をナイフでカットしたら、一つずつ90度向きを変える。

d0175035_01023833.jpg

卵を塗ってオーブンで30~40分焼いて出来上がり。

大人も子供も大好きな味。

簡単だし見た目も楽しいし、これ、いいね。


こういうアイディア料理なんかは、

とーさんがネットで探してきて、美味しそうなの見つけた!と、持ってきます。

私がネットを見るときは、「これ」とだいたい決まっているときで。

だから、こういう想像だにしなかったものに出会うことってない。

あてもなく料理サイトを見ることって、しないなー。

これからもどんどん探してもらおう。




[PR]
by ito-cin | 2018-10-02 14:47 | 料理 | Comments(0)

働き方の違い。

これ美味しい!
d0175035_05580734.jpg

フラン生地なるものをタルト生地に乗せて焼いたケーキ。

フラン生地はカスタードクリームによく似ていて、それを「焼く」。

冷やして食べるのだけど、一度焼いているからなのか、

カスタードクリームともまた違って、何といえばいいのか…

美味しい。

これしか言えないわー。

d0175035_05581855.jpg

あの子とあのとーさんにも大好評だったので。

フルーツを変えてまた作ろう。



さてさて。

あの子の熱も下がりつつあり、平熱まであとちょっと。

まだ咳がひどいけど、食欲も戻り元気いっぱいです。

そして気になるのが自分自身。

常にそばでゲホゲホされていて、もらっちゃうかな、と思ったけど。

どうやら大丈夫そうだ。


日本のある友達は、子供が風邪をひいたらマスクして寝るそうで。

その話をとーさんにしたら。

「え…?なんで…?」

と、ドン引きしていた。

彼女はフルタイムの正社員で仕事をしているので、

風邪なんてひいてらんない、ってことなんだけど。

「風邪ひくのは悪い事じゃないじゃん」

ですと。


『風邪をひいて休むと、仕事も溜まるし他の人に迷惑がかかる。』

これがジャパンの考え方ですが。

ここイタリアではそうじゃなく。

『風邪だから仕方ない、出来なくても遅れても仕方ない、だって風邪だもん。』

となるわけですよ。

OL時代は、風邪で休んだ日にゃ申し訳ないって気分だったけどねぇ…。

「仕事は待ってくれない」なんて言うけど。

ここじゃ待ってくれますよ。


そしてとーさんがボソっと言った一言。

「仕事のために生きてんじゃないのに…」

これねー。

日本人は無意識に仕事のために生きてるとこあるのかも。

働き者だからねぇ。


私の大好きな大好きな中田氏が、

「イタリア人は人生の楽しみ方が上手」

って言ってたんですよねー。

これは本当にそう思う、大人も子供も上手。

人生を楽しんでいる親を見て育つから、子供も上手に楽しむし、

またその子が大きくなっても楽しい人生を送るようになるのかな。


そういえば昔、超ハード業務な会社に勤めていた時。

辞めていった人たちが皆、口をそろえて同じことを言ったもんだ。

「人間らしい生活になったよ~。」と。

実際、やめた私もそう思ったしね。


だからね、思った。

イタリアのいいところってこういうとこなのかなって。

ただ、


社会は機能しないけど。





[PR]
by ito-cin | 2018-10-01 11:45 | お菓子づくり | Comments(2)

北イタリア・Venetoより 


by ito-cin