タグ:お菓子づくり ( 223 ) タグの人気記事

アプリコットタルト。

朝食用。

d0175035_08132624.jpg

とーさんが。

バールの朝食に飽きた、と言いまして。

前にも言われたけど、その時はスルーしたんだ、アハ。

再度言われたので、あんパンやフルーツルタルトを作るようになり、

最近ではすっかり家で食べるようになっている。


ってことで、今日はアプリコットのタルトを焼いてみた。

d0175035_08140422.jpg

アーモンドクリームに生のアプリコットを乗せて。

気に入ったらしい。



ヴァ 「ヴァネッサたべたーい」
d0175035_08135747.jpg


焼き魚に納豆、たまご、味噌汁、ごはん。

なんて和の朝食を考えると、

いったいこんな朝ごはんでいいんだろうかって思うけど。

イタリア人、これでけっこう長生きだからいいのかな。

朝食もいろいろだ。



[PR]
by ito-cin | 2018-08-12 05:14 | お菓子づくり | Comments(0)

デコが下手。

なんか違う。

d0175035_23254838.jpg

真ん中の白のドーナツ。

ヴァ 「ニョッキがいいー」と言ったのでやってみたんだけどね。


ニョッキとは、おさるのジョージに出てくるネコ。

d0175035_23415521.jpg

ネコなら簡単ーと思ってやってみたけど。

なんか違う。

おじさんみたい。

d0175035_23265595.jpg


ドーナツのチョココーティングが上手くなりたいー。



夕飯を食べているときに、おさるのジョージの話になり。

じゃあニョッキのドーナツにしようとなったんですが。

ハンドリーは何色だっけ?と思ってね。

ハンドリーとは、ジョージのお友達の犬。
d0175035_23321239.jpg
私も一生懸命見ているわけじゃないからよく覚えてなくて。

白っぽかったっけ?なんて聞いたら。

ヴァ 「うーん、このいろ!」

と私の腕を指さしたわ。

うん、確かに。

このくらい日焼けしてるわ。


さぁて、明日からプチプチヴァカンスに行ってきまーす。

今年はバタバタで先の予定が立てられなくてねぇ。。

まずは近場に3日間だけですが。

それでも嬉しいわー。

ガスがなかったりその他トラブル続きで疲れたもんで。

ゆっくりしてきまーす♪





[PR]
by ito-cin | 2018-07-28 23:48 | お菓子づくり | Comments(0)

ガスなしで発見。

火がないので。

d0175035_07301948.jpg

カップケーキにクリームを絞るやつ。

このカップケーキをね、スポンジケーキの生地にしたんですよ。

スポンジ生地ってマフィンやバターケーキに比べてとってもヘルシーなので。

でね。

ガスなし生活なので溶かしバターが出来ない。

じゃサラダ油でやるか、と。

そしたらね、ものすごく美味しい!

d0175035_07375396.jpg


バターを使う利点は風味。

でもスポンジの場合、マフィンやパウンドケーキと違ってクリーム塗るし。

パウンドケーキのようにバターの香りを味わう生地じゃないし。

でもって。

バターで風味は良くなるけど、冷蔵庫に入れるとやっぱり少しは固くなる。

そりゃバターなのでね。

それがサラダ油は固くならない、なぜなら油は冷蔵庫で固まらないから!

すごい!

もうこれからはサラダ油でスポンジケーキを作ろう!

とね、いい発見して嬉しいわ。

ガスなし生活してなかったら分からなかったことだね。

なんて前向きな私。


さてさてガスなし4日目の今日。

とーさんが、ガス会社に行ってみたら。

明日の夕方から復旧しますって言われて帰ってきて。

また今日も水風呂か・・・ あ、夕飯、どうしよ・・・

と、どんよりしてたんです。


どんよりしてても仕方ない、って気分をあげて。

レッツ雑巾がけ。

キッチンの床を拭き拭き、あ、冷蔵庫も汚れてる、あ、トースターも・・・

気が付いたらピカピカになって気持ちがいい。

そしたら!

グッドニュースが舞い込んだ!

と 「今日の午後ガス屋が来るって!」


あぁ・・・ついに・・・!


体の力が一気に抜ける感じ。

あぁ・・・やっと、やっと、今夜は水風呂じゃないのね・・・



そして夕方、ガスをつけてみる。

あ!火が付く!

水を出してみる。

あ!温かくなってきた!

もうね、二人で感動の嵐ですよ。

こんなことで幸せを感じられる、それがイタリアよ。。

とここで。

震災に遭った人たち、

避難所生活の人たちなんてもっと大変なんだよなぁって思って。

火が出ないから料理できない、ラクだ!って思ったのは、実際1日だけで。

あとは、なんだか、どっかブルーなのよね。

たった4日で、ガスだけでこんなに落ち込む?なんて自分でもびっくり。

それが何週間も、ガスどころか水も電気もってなったら、どんだけ落ち込むか。

気持ちがわかったなんて言っちゃいけないけど。

でもほんの少しだけ分かった気がする。



夜、あったかいシャワーを浴びて。

久しぶりに家で料理した温かいものを食べる。

美味しい。

d0175035_07415398.jpg

当たり前に感謝。

[PR]
by ito-cin | 2018-07-28 08:04 | お菓子づくり | Comments(0)

インカム。

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by ito-cin | 2018-07-27 07:53 | お菓子づくり

ガスって大事。

おやつに。


d0175035_05524523.jpg

超絶かんたん焼きドーナツ。

うちの4歳が手を出してきてもちゃんと出来るわ。

ここにもおからパウダーを入れてるのでね。

知らないうちに栄養も摂れてるっていう、最近のお気に入り。



ミスドより少し小さめドーナツが6個できるこの型。
d0175035_06033639.jpg

シリコンマートの型を使ってるんだけど。

倍量で作りたいくらいだわ。

ただ、もう一つ同じ型を買うのが、貧乏性の私にとっては高い壁。

うーん、悩む。


ところでこのシリコンマート。

日本にいた頃、欲しいな欲しいなと思っていたけど高くて手が出なかったシリーズ。

だって、こんなもんが送料込みで3000円超えるんだから高すぎる。

それがここでは安い!

イタリア製だから当然だけど、だいたい半額だね。

じゃあ買いなさいよって話?

いや、それでも悩むわ。



ところで今日、ガスが出なくなった。

お昼ご飯を作ろうと思ったら火がつかない。

チッチッチッチって音が鳴るんだけど火がつかなくてガス臭くもない。

また支払い漏れで止められたか?と思ったけど、お湯は出る。

うーん・・・なんだこれ?


契約してるガス会社、本日午前中のみの営業、ザ・イタリア。

終わったーーー。

朝は火を使わなかったので、気が付いたのがお昼過ぎ、すでに閉まってるし。

もう今日はガスが使えない、決定だわ。


ガスが使えないと何もできないですよ、本当に。

予定していた夕飯も火を使うから作れないし。

あ!ミートソースが冷凍庫にある!と思ったけどパスタを茹でられない。

「レンジで出来るよ!」と、こう来るよね。

でもうちには電子レンジがありません。

終わってるでしょ。


食事の準備ができないなら、焼きドーナツ作るか、と思ったけど。

溶かしバターも出来ない、チョコの湯せんも出来ない。

レンジがあればねぇ。。


あ!明日の朝、カフェも飲めない!

カフェは直接ガス台の上に置いて沸かすタイプのこれ↓なんで、

d0175035_06320584.jpg
あぁ・・・

どうなることやら。。

















[PR]
by ito-cin | 2018-07-25 06:35 | お菓子づくり | Comments(0)

BU・N・KA。

お初。

d0175035_06113154.jpg

前から気になっていたアイスケーキ。

簡単そうだしやってみたいなーと思っていたのよね。


色んなレシピを参考にして。

ベリー、マスカルポーネ、ヨーグルトのアイスにしてみた。

味は美味しいんだけど、固いなー。

っていうか、アイスケーキってどんなのだ?

わたし、食べたことなかったわ。

要研究だな。



話変わって、ちょっと興味深い記事を読んだので。

日本人と結婚したニューヨーカーの女性の話。

なれそめから現在の様子まであったんだけど、

一つ、ほーーーっと思ったものがあったので。


日本の文化のことを、

「みんなが快適でいられることを大切にする文化」

って言ってるんですよ。

これって、日本人にとっては当たり前だから、文化も何も、普通でしょ?

って思ったんだけど。

外から見たら普通じゃないんだなって改めて思って。

だから、

「そのためには伝えたい本音を少しほのめかしていい文化」

と言っているわけですよ。


あー、もうわかる、分かり過ぎる。

「本音をほのめかす」なんて優しく言ってくれてるけど、要は本音を言わない。

これに苦労してた元日本在住イタリア人たち、知ってるわ。

彼女はこれを日本のいいところって思えるから良かったよね。


逆に、彼女の国アメリカや、ここイタリアでも。

思ったことは言う、言わない人に対して「本当は…?」なんて探らない。

感情もストレートにぶつけ合う。

分かりやすいと言えば分かりやすいけど、

慣れないと疲れるんだよねぇ。。


どっちがいいのか。。








[PR]
by ito-cin | 2018-07-22 06:39 | お菓子づくり | Comments(4)

夏休みの過ごし方。

色々作る夏休み。

d0175035_06124208.jpg

紅茶のスコーン。

朝ごはん用に。

大人の味かと思ったら、子供でも紅茶味なんて好きなのね。


いつも幼稚園へ行っている時間、何したらいいもんかと。

掃除を手伝ってもらうったって、ねぇ。



あそぼー、と言われるよりはマシなので。

作る!

一緒にやってくれればその分終わるからね。

今日は焼きドーナツを作るわよ。

d0175035_05553445.jpg

そしてこの休み中、とにかく寸劇が止まらない。

ヴァ 「ヴァネッサ、マカロンね、ママ、パルフェやって」

相変わらずプリキュアアラモードLOVE。


ヴァ 「マカロンおそいなーっていって」と。

いつも私、いやパルフェがマカロンを待っているっていう設定。

すると衣装チェンジしたお嬢マカロンが登場。

私が、うわー可愛いー、すてきなお洋服ねー、とべた褒め。

すると、

ヴァ 「あ、これ?わたし、はたおり(注1)でつくったの、キーバッタンって」
(注1:「つるの恩返し」より)

とか。

戦闘シーンでは。

ヴァ 「どまのはしら(注2)に、しばりつけておいて!」
(注2:「かちかちやま」より)

などなど。

日本昔ばなしの絵本が好きなので、

現代劇にもちょいちょいこんな言葉が登場してます。


面白いけど疲れるのー。




[PR]
by ito-cin | 2018-07-19 06:44 | 子育て | Comments(2)

涼しい?ケーキ。

涼しげに。

d0175035_16465403.jpg

オラフ。


今回のこれ、バンズ型で作ったミニミニケーキ。

覆いかぶせる、pasta di zucchero も少なくて済むし、楽だし。

このくらいの量がちょうどいいのかもしれない。


作るのは楽しいし見て楽しいけれど。

やっぱり、普通のショートケーキやタルトの方が美味しいよ。

それでもしばらくすると作りたくなるのは何故だろう。

そして作った後に、しばらくいいな、って思うのよね。



真っ先にオラフを食べる人。

d0175035_16480470.jpg

この人が喜んでくれるから、やっちゃうんだよね。

でもね。

ヴァ 「エルサは?」

だって。

そんなもん作れないわよ。



さてさて。

お嬢の夏休みが始まって2週間。

ついでにとーさんの休みも続いて。

日曜日が15日間続いた感じ。

休みって働くからありがたいんだなーってつくづく感じた2週間。

そんな考えに至るのは、やっぱり日本人だからなのか?

早く幼稚園が始まって欲しい。

って。


あと2か月もあるわ。


[PR]
by ito-cin | 2018-07-15 22:18 | お菓子づくり | Comments(0)

いちごムースとW杯。

好評につき。

d0175035_05285996.jpg

またこれ。

こないだ作ったらとても好評だったので。

それに暑い夏はこういうゼリーやムース的な物の方がいいかもね。

オーブンを使わなくていいのもまたありがたいわ。

d0175035_05284316.jpg

ところでW杯、決勝トーナメント1試合目。

たった今、試合が終わりましたよ。

日本の挑戦も終わってしまったね、残念。

あと一歩だったのに。

8強の壁はなかなか超えられないのね。。


サッカー経験者のとーさんが、やいやい横で言ってまして。

うるさいなーと思ってたけど、その通りに試合が運ぶのでビックリ。

日本の悪いところ、大間違いの所、見れば見るほどおっしゃる通りでさ。

「ザッケローニはいったい何を教えたんだ!」

だって(笑)



ヴァネ氏も一緒に応援して。

ヴァ 「なんかきょう、かわしま じょうずじゃない? ぼーるけるのが」

なんて偉そうに言ったり。

ヴァ 「あれ? かわしま きょう おようふく ちがくない?」

とか言ってみたり。

始まってすぐ、

ヴァ 「あと にふん?」

とか言ったり。

2分の意味すら分かってないくせに。


あー、でも久しぶりに興奮したー。

次の試合が楽しみーなんて、こんなワクワク、なかなかないからね。


感動を、ありがとう。





[PR]
by ito-cin | 2018-07-03 05:52 | 日々あれこれ | Comments(2)

スイーツで号泣。

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by ito-cin | 2018-06-24 06:54 | お菓子づくり

北イタリア・Venetoより 


by ito-cin