タグ:幼稚園 ( 15 ) タグの人気記事

連絡事項。

誕生日ではない。

d0175035_04385563.jpg

うちに9月2日生まれの人はいないけど。

あの子が飾りたいって言うもんで。


今週末はネットで見つけたチーズムースを。

中にゼリーが入ってるってやつなんですが。

d0175035_04392320.jpg

ゼラチンの量を間違えたか?

ちゃんと固まらなくて、

どろーんと流れてしまう固めのジャムみたいになってしまった。

これ、ちゃんと固まったらもっと美味しいだろうなー。

今度もう一回やってみよう。



さてさて、ちょっと前の事。

WhatsAppで幼稚園のお母さんたちがワイワイ騒ぎ出しまして。

「いつから始まるか知ってる??」って。

何が始まるかって、幼稚園ですよ。

誰も知らないの。

あ、私も知らなかったし。

すると、

「メールが届くはずだけど、まだね・・・もう少し待ちましょう!」って。

で結局、8月30日にメールが。

「9月6日から始まりまーす」ってさ。

1週間前に正式な連絡がきた。


こんなこと、日本なら夏休み前に分かることだと思うんだけど。

ここでは1週間前。

始まる前に分かったんだからいいじゃん~って感じなのかね。



ゆるゆる。


[PR]
by ito-cin | 2018-09-03 04:52 | お菓子づくり | Comments(2)

初めての遠足。

こんなの作ってきた。

d0175035_18073417.jpg

人生初の遠足は、アグリトゥーリズモ。

d0175035_18113081.jpg

動物もいて、畑もあって、色んな野菜が出来ているのを見て。

楽しかったみたい。


でもって、みんなでラヴェンダーオイルを作ったんだって。

d0175035_18132048.png

食用じゃなくて、ボディオイルだそうで。

虫よけにもなるんだとか。

中に本当のラヴェンダーが入っていて、とってもとってもいい香り。

カサっとした手に塗ってみたら、し~っとり。

そしていい香りに癒される。


これ、売りものだよ。


銀座当たりのセレクトショップで、

7~800円、いや1000円くらいで売ってそう。

幼稚園の遠足で、こんなこ洒落たものを作ってくるなんて。

さすがイタリアだわ。

このすごさ、子供たちには分かるわけもなく。

きっと、かーさんが、しかもジャパンのかーさんが一番よくわかるよ。



いつもお散歩中に見つけると食べている桑の実があったので。

d0175035_18070520.png

パクっといったらしい。

あとから先生が、

「写真見た?!桑の実食べてたでしょ!私とFは食べなかったけど!(笑)」って。

ヴァネ氏、すっかりハイジ。

つまり、田舎の自然児だわ。



遠足も終わり、今週の乗馬も終わり。

お利口さん期間が終了してしまった。

「早く、いいから早く着替えて!早く食べて!」

気が付けば、この言葉ばかり言ってるわー。


また遠足に連れて行ってもらえませんかねー。









[PR]
by ito-cin | 2018-06-13 18:30 | Comments(2)

終業式。

この記事はブログのファンのみ閲覧できます

[PR]
by ito-cin | 2018-05-31 14:53 | 子育て

こちらの先生。

バジリコ。

d0175035_21442430.jpg

幼稚園でやってきた、パスクワの作品の一つ。

種をまいて、毎日お水をやって育てていたもの。

パスクワ休暇の前に持って帰ってきました。


それにしてもさ。

子供たち全員分の名前をつけて、紙を巻いて、リボンを付けて・・・

先生って大変。

残業、ご苦労様ーって思ったら。


ヴァ 「マエストラL(=L先生)ね、チョコたべながら やったよ」と。


おぉっと・・・。

そっか、子供ら遊ばせてる間にやるのね。

しかもチョコ食べながら。(笑)

なるほどー、そんな感じなのか、イタリアンスクール。


ゆる~~~い。
さぁて。
明日からまた幼稚園スタートー♪






[PR]
by ito-cin | 2018-04-03 23:25 | Comments(0)

新しい男の子。

また来たか。

d0175035_04455522.jpg

ひと月おきくらいでやってくるメリーゴーラウンドが、

またやって来てしまった。

怖がって乗りたがらなかった1歳、2歳が懐かしい。

あの頃は、乗ってごらん、ほらほら、なんて頑張ったこともあったけど。

今じゃ、どうやって乗らせないように通り過ぎるか頑張っている毎日。


今日もマンションを出るなり速攻言われて。

後で、後で、とごまかして散歩に行ったけれど。

帰ってくれば、陽気な音楽とともにクルクル回ってるんだもん、無理だわ。

ヴァ 「あとでって いったじゃーん」

うん、そうだね、言ったね・・・。



さてさて。

今日もいつものようにお迎えに行くと、

ちょうど食堂から子供たちがわーっと出てきたところでした。

たまにこうしてテレビを観ずに、フリースペースで遊ぶこともあるらしい。

ガラス戸なのでその様子を見られるのですが、

ドアは中からしか開かないのでベルを鳴らすんです。

そしたらね、お嬢がある男の子と手をつないで走ってきたところで。

外にいる私を見つけた二人は、先生にドアを開けてと言いに行きました。


初めて見た子だったのでお名前は?と聞くと、

「○○・アンドレア」と、フルネームで答える彼。

背も高いし、後から聞いたら年長さんの子だった。

やっぱりね、しっかりしてる。

「そっか、アンドレア今日はありがとう、また明日ね」と言うと。

「今日ボクの家に来るんだよ」と。

「そう、誰が来るの?」と聞くと、

ツンツン、とお嬢の肩をツンツンしている。


えっとー、付き合いたてのカップルですか?


いったい二人でどんな約束をしたのだろうか、不思議。

そうなの?おうちはどこ?と聞くと、住所を教えてくれました(笑)

すごいね、年長さんともなるとこんなことも言えちゃうのね。


そのうち、本当に遊びに行ったり、うちに来てもらったり。

そんなことも出来るようになるといいな、なんて思ったけど。

ヴァネ以外ほぼみんな夕方までのお預かりなので、なかなか難しいのかな。


ま、とにかく。



楽しそうで何より。


[PR]
by ito-cin | 2018-03-08 08:26 | 子育て | Comments(2)

個人面談。

最近の作品。

d0175035_23344787.jpg

上の絵の大きいのが私、向かって左に手をつないでるのがヴァネ。

右にとーさんと、ルビー。

下の絵は。

私とヴァネがプリンを食べているんだそうな。

毎日、幼稚園で描いたものをプレゼントしてくれます。



さてさて、今日は幼稚園で個人面談がありました。

その日の夜から出勤予定だったので、とーさんも一緒に。


まずは、とっても成長しましたよ、と。

だいぶ慣れてきて、朝のルーティーンも覚えて先生のお手伝いをしたり。

最初のころは、今日は何したの?と聞くと、

ヴァ 「マエストラ(先生)のエプロンにつかまってたの」

と言うほど、先生にべったり張り付いていたけれど。

今では他の友達とよく遊ぶようになったそう。

ついでに、「あなた本当によく頑張ったわ」

と私まで褒められてしまいました。

ホントよ、他の先生たちとも言ってるのよ、なんて言われて。

ちょっとうれし泣きしそうになったわ。


そしてもう一つ、先生からの質問で、家での会話はどうしてるの?と。

やっぱりね、先生も、おや?っと思うほど、お嬢のイタリア語レベルは低いんですよ。

実際、ほかにもロシアやスペインのミックスの子がいるようだけど、

その子たちと比べても、話せなさ過ぎるよう。

単語だけで文章になってない、だから遊んでいてもついていけてない、と。


私は勿論分かってたし、とーさんに何度も言って、

タタターで話すのをやめなさい、変な日本語をやめなさい、文章で話しなさい・・・って。

繰り返し言ってきたけど、なかなか変わらず。

「まだ小さいから仕方ないよ」「日本語の後にイタリア語話しなよ」なんて言ってたし。

しまいには、

「大丈夫、ちゃんと幼稚園で教えてもらえるから」って。

丸投げかい。



それが今日やっと、先生に言われて理解してもらえたかな、と思うと嬉しい。

さらに先生も、

ママ=日本語、パパ=イタリア語、このやり方で全然OK。

だからパパがもっと話して教えないとダメ、と言われました。



ほらみたことか、
このやろー。


と、バッサリ斬ってやりたい衝動にかられましたが。

そこはグッとこらえて。

「この子は本当に言葉が上手だから、もっと話せばイタリア語もすぐに覚えるよ」

と言ってやりました。

武士の情けだぜ。

今度こそ改心してほしい。









[PR]
by ito-cin | 2018-02-21 07:33 | 子育て | Comments(0)

また祭り。

今度は幼稚園で。
d0175035_07072290.jpg

はい、またカーニバル。

あさからシンデレラで登園し。


遊んで。
d0175035_07062740.jpg


遊んで。
d0175035_07063617.jpg

食べたらお迎え。

今日は12時。

はやーーーーーい。


午後はカフェ経由、八百屋さん。

くだものはスーパーより美味しいのでそこで買うんですが。

その後まだ散歩したいという人がいたもんで。

天気もいいし、川沿いをたくさん歩いてきました。

お嬢はキックボード、私は競歩。

にしても、順番を間違えたわ。

八百屋さんを最後にすればよかった、重いったりゃありゃしない。



たっぷり歩いたらお腹が空いてゴハンが美味しい。

お嬢はリゾットおかわりしたよ。


明日も歩こう!




[PR]
by ito-cin | 2018-02-16 00:05 | 子育て | Comments(0)
ハートを持つクマを。

d0175035_20041695.jpg

たくさん。


d0175035_20050152.jpg

「しまじろう」のアニメで見て、ヴァレンタインが何かは知っているお嬢。

ヴァ 「ヴァネッサもプレゼントしたーい」というわけで。

数日前から一緒に少しずつ準備。

朝起きるたびに、

ヴァ 「きょう ヴァレンタイン?」と聞いてくるほど、楽しみだったらしい。


イタリア語では、「Buon San Valentino!」(ボン サン ヴァレンティーノ)

というんです。

要するに、Happy Valentineってこと。

それを朝から練習して、歩きながらも練習して、「よし!おぼえた!」と言ったのに。

先生を前に、蚊の鳴くような声で「Buon san Valentino...」と言った人。

もう少し度胸を付けてもらいたいもんだ。


ま、想定内ではあるけれど。

Buon San Valentino、と私が助け舟を出してプレゼント。

d0175035_21263856.jpg

可能であればおやつの時間に、と思ったけどダメですかね?と言うと。

やっぱりダメらしい。

そうだよね、幼稚園ってこういうのけっこう厳しいし、ダメだろうなとは思ってた。


でも先生の喜びようが半端なくて。

「ありがとう!ありがとう!見て見て!やっぱりダメ?ちょっとだけいいですか?!」

と上司(?)の先生に聞くほど、大興奮してまして。

もうそれだけで十分嬉しかったな。


お嬢も念願のプレゼントが出来てとっても嬉しそうで。

今日は笑ってバイバイ、と出来ました。


結局クッキーは先生たちで食べます、とのこと。

子供たちみんなで食べられなかったけど、まぁ良かった良かった。



バレンタイン万歳。




[PR]
by ito-cin | 2018-02-15 00:02 | お菓子づくり | Comments(2)

お誕生日にお呼ばれ。

初参加。

d0175035_19294091.jpg
日曜日。

幼稚園の同じクラスの子の誕生日会に行ってきました。

同じクラスには3歳から6歳までがいまして、

この日は6歳の女の子の誕生日。

ほとんどが年長さんで、他のクラスのお姉ちゃんたちもいて。

ヴァネ氏を含めて年少さんは二人だけでした。

d0175035_19295058.jpg

子供たちはみんな仮装してきて、ってことだったんですが。

シンデレラをもらったばかりなのに、白雪姫にするといった人。

d0175035_19300357.jpg

じゃあなぜサンタにお願いしたのさ。

ちなみに白雪姫は日本の実家のスーパーの上でかった激安商品なり。


この日は普段から仲良しの年中さんの女の子も来ていたので。

ずっと二人で走り回って遊んでおりました。

年中さんと言っても4歳半だそうなので、4月はじまりの日本でいえば同い年だ。

d0175035_19291537.jpg


にしてもこの日のエルサ率の高いこと。

4~5人はいたんじゃないかな。

まだまだ大人気なのねー。



イタリアってほとんどが共働きで。

幼稚園に朝連れて行っても、

働くママさんたちは出勤時間があるので早くから預けていて。

私が行く頃はほぼみんな登園済み。

もしくはシッターさんだったり、おばあちゃんが連れてきていたり。

お迎えも、ヴァネ氏は12:30、働くママさんたちは夕方。

12時半に帰る子もいるけど、おばあちゃんが迎えに来てるかな。

というわけで、この日がはじめましてのお母さんたちで。

でも「先生からはヴァネッサとよく遊ぶって聞いてますー」と言う感じで。

この日、私にとっても、あーこの人があの子のお母さんなのか~と言った発見デー。

この日、ヴァネ氏と唯一の年少くんのママさんと、年中さんのママさん。

たぶん、彼女らにとっても初めての誕生日会だったんじゃないかなー。

気さくないい人達で、沢山おしゃべりも出来て、とっても楽しかったです。


はい、お待ちかねケーキタイム。

d0175035_19290325.jpg

テーブルからやっと頭だけ出す、小さくて可愛い年少組。

こうしてみても、やっぱり2歳の差は大きいね。

ちゃんと拍手しててかわいい。

d0175035_19273417.jpg

はやくたべたーーい!

d0175035_19285564.jpg

とっても楽しくて嬉しかったようで、

ヴァ 「またあしたも ここにきたい」なんて言っちゃって。

もしかして病欠明け、月曜の幼稚園は大丈夫かも?!と思わせてくれるほどでした。

が。



そんなに甘くなかった。

ヴァ 「ヴァネッサ なんでいかなきゃいけないの?ママがいいのに。」

素朴な疑問だよね。


結局、先生に抱っこされて泣きながらバイバイするっていう。

涙、涙のスタートでした。









[PR]
by ito-cin | 2018-02-05 20:03 | お出かけ | Comments(0)

寒すぎる。

これが園児のパーティーか・・・?
d0175035_840113.jpg


ヴァネ氏の幼稚園クリスマスパーティー。

18時スタート。

場所、園庭。

18時ちょっと前に子供を連れて行って、子供らは中で準備。

親は外で待機。

気温は確実にマイナスだったでしょう。

下はコンクリートなので、足が凍り付くかと思いました。



「去年は30分遅れで始まったわ」「とりあえず18時は過ぎたわね」


なんて声が周りから聞こえてきて、

勘弁してくれーって思いながら待ってましたよ。。


やっとやっと子供たちが出てきて、席に着く。
d0175035_8414167.jpg


普段お友達と過ごしている様子が垣間見れて嬉しい。
d0175035_8405989.jpg



「劇」は、キリスト誕生のお話なんですが。

特にセリフもなく、

シスターのナレーションとともに天使や星、羊などの格好をして歩いて出てくるっていうね。

幼稚園児はそんなもんか。

親も参加ね。
d0175035_8423022.jpg


これに合わせて、お席に座っている子供たちが要所要所で歌を歌うんですが。

照明が変われば、うわー!って。
d0175035_8424443.jpg


雪を降らせれば。
d0175035_843317.jpg


ゆきーーー!!って。
d0175035_8431752.jpg

劇なんかそっちのけだ。


風邪でいっぱいお休みした割には、よくできたと思います。

先生にもたくさん褒めててもらいました。
d0175035_844195.jpg


とっても良かったけど。




来年は昼間にしてほしい。






[PR]
by ito-cin | 2017-12-20 17:54 | 子育て | Comments(2)

北イタリア・Venetoより 


by ito-cin